一般社団法人 奈良県作業療法士会

お問合せメールはこちら

活動報告

2024年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

一般社団法人奈良県作業療法士会事業部

啓発委員会

教育部

WFOT

子どもへの作業療法

地域包括ケア

JRAT

地域包括

幼児期編

学童期編

作業療法学課程

関西学研医療福祉学院

奈良学園大学

奈良県作業療法学会

第44回近畿作業療法学会

近畿作業療法学会

(第8回アジア太平洋作業療法学会

(一社)奈良県作業療法士会ホームページ

生活行為向上マネジメント

プライバシーポリシー

お問合せ

県内研修会

関係団体研修

一般社団法人 奈良県作業療法士会 〒636-0151 奈良県生駒郡斑鳩町龍田北4-2-26 TEL:0745-47-0823・FAX:0745-47-0825

活動報告

○日本離床学会主催 教育講座 
高齢者に対する筋力アップの秘策 〜「STOPバンドル」で導くマッスルidea
日時:2023年7月8日(土)10:00〜16:10
会場:インターネット生ライブ中継
講師:川瀬 和大 先生(履正社医療スポーツ専門学校)
受講費:会員9,800円(税込)一般12,800円(税込)
内容:この講座では、筋トレマスターである講師が、スグに使える筋トレの実践法から、
最強のサルコペニア対策・栄養法まで熱く語りつくします! STOP! 筋力低下!
1.高齢者の筋力とサルコペニアの基礎知識
・高齢者の筋力を諦めない! これが究極の対策STOPバンドル
・サルコペニアの基礎知識と専門機器不要の川瀬流サルコペニアチェック法
・赤白ハッキリつける!高齢者の筋力変化の特徴と鍛えるべき筋
2.栄養を知れば筋力アップ間違いなし!高齢者とタンパク質の関係
・“今だけポイントアップ”トレーニング後にタンパク質を摂取する最適時間とは?
・基本は赤ちゃんの栄養補給? 3時間おきをおすすめする理由
・タンパク質だけでは筋肉はつかない!カロリー管理の意外な落とし穴
3.諦めない高齢者の筋肥大・筋力アップ〜おすすめトレーニング法〜
・筋肉に最適なストレス刺激とは? 〜負荷量・損傷・低酸素〜
・高齢者の筋力アップに欠かせない“Training Volume” 〜低強度・高強度の使い分け
・実演! 病棟でも在宅でもできる離床レベル別トレーニング
申込み:ホームページよりオンラインで申込み
HP:https://www.rishou.org/
問合せ:日本離床学会事務局 TEL:03-3556-5585

○日本離床学会主催 教育講座 
職場の悩みはほとんど人間関係!コーチングで解決に導くセミナー
離床に「やる気」はいらない 患者さんの自立自走を促すメソッド
日時:2023年7月9日(日)10:00〜16:10
会場:インターネット生ライブ中継
講師:横尾 英孝 先生(鹿児島大学大学院 医歯学総合研究科)
受講費:会員9,800円(税込) 一般12,800円(税込)
内容:コミュニケーション力を上げて人間関係の苦痛から解放されてみませんか?
・やる気のない患者さんに対するコーチングを中心とした行動変容
・患者中心の医療「ナラティブ・アプローチ」を基にしたコーチングの方法
・コーチングの有効性を高める「SMART」を用いた目標設定のフロー ほか
申込み:ホームページよりオンラインで申込み
HP:https://www.rishou.org/
問合せ:日本離床学会事務局 TEL:03-3556-5585

○日本離床学会主催 教育講座
脳卒中の病態理解に基づく離床の進め方とリスク管理マスターコース
脳出血・SAH 編
日時:2023年8月11日(金・祝)10:00〜16:10
会場:インターネット生ライブ中継
講師:飯田 祥 先生(日本離床学会)
山田 航平 先生(成田赤十字病院)
受講費:会員9,800円(税込) 一般12,800円(税込)
内容:血圧・脳圧管理を意識した離床のリスク管理についてベテランの視点を伝授。
脳出血とSAHそれぞれの離床の進め方についてもバッチリ習得できます。
申込み:ホームページよりオンラインで申込み
HP:https://www.rishou.org/
問合せ:日本離床学会事務局 TEL:03-3556-5585

○日本離床学会主催 教育講座
機能障害の「核心」を見抜く
百戦錬磨の臨床眼と治療戦略 膝関節 アプローチ編
日時:2023年8月12日(土)10:00〜16:10
会場:インターネット生ライブ中継
講師:瀧田 勇二 先生(白銀整形外科病院)
受講費:会員9,800円(税込) 一般12,800円(税込)
内容:変形性膝関節症から靭帯・半月板損傷まで問題の見極め方と「瀧田流」治療戦略
アプローチ編
予防・維持・術後回復効果にフォーカスしたベテランのアプローチ
・荷重下? 非荷重下?
膝関節への負担と効果を意識したリハを展開しよう
・疾患別にみた「瀧田流」治療戦略の神髄
〜変形性膝関節症・半月板損傷・ACL損傷〜
・可動域と筋力だけではダメ!
再発予防を意識した固有感覚トレーニング
・残存因子の見極めが重要!
TKA術後リハビリテーションのポイント5選
申込み:ホームページよりオンラインで申込み
HP:https://www.rishou.org/


2023年6月2日  10:02 PM |カテゴリー: 関係団体研修

Page Top