一般社団法人 奈良県作業療法士会

お問合せメールはこちら

活動報告

活動報告

●10 月 21 日(土)
秋 2 発達障害・知的障害のある子の「感覚」への対応

●11 月 4 日(日)
秋 10 遊びを通して発達を促す

 

詳しくはこちらをご覧下さい → OTの方向け 2018年秋セミナー


  1:12 AM |カテゴリー: 関係団体研修

日時:2018年9月16日(日)

場所:ミグランス(橿原市役所新分庁舎)

詳しくはこちらをご覧ください


  1:04 AM |カテゴリー: 関係団体研修

詳しくはこちらをご覧ください →   まちづくり塾H30チラシ

1.青年療法士まちづくり塾の目的
青年療法士の力をもっと地域に還元します.制度を超えて,理学・作業療法士の良さを生かした実践をするため,心意気を学び,身に着け,挑戦・実践していくための塾です.
2.第3回目合宿のテーマ
本塾役員と第2期生(青年療法士実践協力者)を中心に,本塾の意義を伝えます.そして,今回の舞台である五色台地域で,家族がそばに居ない若竹学園(児童心理治療施設)の子どもたちに対して何ができるかを共に考え,アイデア等を職員の方々に提案・実践します.
3.プロデュース:木村基氏(作業療法士):1995年紙噛クラブ設立,1996年京都芸術短大造形芸術学部映像科卒業,2006年関西医療技術専門学校作業療法科卒業,2006年大阪発達総合療育センター入職,2013年京都造形芸術大学芸術学部芸術学科卒業,2015年大阪市立大学社会包摂型アートマネジメントプロフェッショナル養成講座終了,2017年Line project活動開始.
石山満夫(本塾相談役,作業療法士),西田典真(本塾世話人,作業療法士)
4.ファシリテーター:津川義弘(本塾役員,理学療法士),田中裕介(本塾役員,理学療法士)
5.青年療法士実践協力者:桂雅俊(作業療法士),南裕也(理学療法士),稲富淳一(作業療法士),泉浦文哉(作業療法士)
6.日程・集合場所 :平成 30年9月29日(土)から 9月30日(日)まで.「ニューサンピア坂出」に集合及び宿泊予定.
7.対象:40 歳未満の理学・作業療法士,またはその学生.
8.費用:20,000円(食費・施設使用料込み)
9.定員:12 名
10.申し込み期限:平成 30年8月31日必着.(9月10 日までに参加の可否と詳細についてご連絡致します.)
*これまでの合宿の詳細は,OTジャーナル2017年4月号から9月号をご参照ください.

もしご興味をもって頂けましたら,下記①~⑪の必要項目を記載のうえ,メール(primarycare@cap.ocn.ne.jp)もしくはfax(087-813-3516)まで申し込み頂けたらと思います.誠に恐れ入りますが定員に達した場合,申込用紙に記入頂いた「参加を希望する理由」が強いと感じた方を優先させて頂きます.予めご了承ください.
必要項目
①お名前,②性別,③生年月日,④ご所属,⑤お電話番号,⑥メールアドレス,⑦理学・作業療法の仕事をする中でのモットー,⑧参加を希望する理由,⑨自家用車:あり・なし,⑩職種:PT・OT・PTS・OTS,⑪紹介者氏名(居る場合のみ記載)


2018年7月9日  8:44 PM |カテゴリー: 関係団体研修

1.開催日時:平成30年10月21日(日) 10時00分〜16時00分(9時30分受付開始)
2.開催場所:専門学校社会医学技術学院(東京)
3.申し込み方法
下記URLにアクセスの上、必要事項をご記入下さい。受講票が自動返信されます。尚、ドメイン指定をされている方は@gmail.comの受信設定をお願い致します。また、お申し込み頂いたにも関わらずメールが来ない場合、必ず下記アドレスまでご一報をお願い致します。(申込締め切り10月14日)
4.参加費:4000円(非会員:6000円)
5.お申し込みURL
https://ssl.form-mailer.jp/fms/d0421538573514
6.お問合せ先
kyouiku.seishin@gmail.com (帝京平成大学:原口晋一)

 

精神科疾患を持つ方の生活習慣病や、高齢化による身体機能の低下に対して、身体運動による支援は精神科作業療法における重要な手段と言えます。しかし、運動プログラムを運用する為には、精神科疾患における心身機能の状態や、実施におけるリスク管理、展開方法といったノウハウが欠かせません。
本研修は精神科作業療法において運動プログラムを推進されている、高橋章郎先生(首都医校)、早坂友成先生(杏林大学)をお招きし、講義に加え実技を実施します。精神障害領域のみならず、他領域に従事する作業療法士においても、精神身体合併者への支援の一助として、参加を歓迎致します。


  8:39 PM |カテゴリー: 関係団体研修

日時:平成30年10月14日(日曜日) 10時30分~16時30分

会場:ドーンセンター 特別会議室
〒540-0008 大阪市中央区大手前1丁目3番49号 ドーンセンター

詳しくはこちらの案内文をご覧ください


2018年6月21日  11:39 PM |カテゴリー: 関係団体研修

【日時】2018年10月14日(日)10時00分~16時00分

【会場】兵庫医科大学(兵庫県西宮市/阪神本線武庫川駅)

【受講料】12,000円

【問い合わせ先】兵庫医大リハビリテーション医学教室(office@craseed.org)

【申し込み方法】NPO法人CRASEED(共催)のHPよりお申し込みください。

http://craseed.sakura.ne.jp/seminar/2018/seminar20181014.html

脳卒中患者さんのリハビリテーション、さあ、何から始めましょう?

まずは予後予測から始めましょう。本セミナーでは、従来の予後予測法や脳画像解析の最新知見、誰でもできるFIMを使った簡単な予後予測法、患者さんの回復過程について、明日から使える幅広い知識をお伝えします。


  11:33 PM |カテゴリー: 関係団体研修

【日時】2018年10月7日(日)10時00分~16時00分

【会場】兵庫医科大学(兵庫県西宮市/阪神本線武庫川駅)

【受講料】12,000円

【問い合わせ先】兵庫医大リハビリテーション医学教室(office@craseed.org)

【申し込み方法】NPO法人CRASEED(共催)のHPよりお申し込みください。

http://craseed.sakura.ne.jp/seminar/2018/seminar20181007.html

 

明日からCI療法を実施できるようになる基礎知識と実践方法を伝授!評価方法、CI療法の理論、運動学習など脳科学との関連、症例における実践例等について、わかりやすく説明します。


  11:32 PM |カテゴリー: 関係団体研修

【日時】2018年9月22日(土)10時00分~16時00分

【会場】兵庫医科大学(兵庫県西宮市/阪神本線武庫川駅)

【受講料】12,000円

【問い合わせ先】兵庫医大リハビリテーション医学教室(office@craseed.org)

【申し込み方法】NPO法人CRASEED(共催)のHPよりお申し込みください。

http://craseed.sakura.ne.jp/seminar/2018/seminar20180922.html

多職種の視点で学ぶ!嚥下障害、栄養管理の基礎と回復期リハにおけるNSTの最前線。

リハビリテーション医療において嚥下障害は全身状態に影響する大きな問題です。このセミナーでは多職種の視点で嚥下障害と栄養管理の基礎を学ぶと共に、今年度の診療報酬改訂で新たに重点の置かれた回復期リハビリテーションにおけるNSTに関して、先進的な取り組みを学びます。


  11:31 PM |カテゴリー: 関係団体研修

●一般社団法人 日本離床研究会主催 教育講座 

誰も教えてくれないコツがここにある!フィジカルアセスメント完全攻略セミナー

日時:2018年7月21日(土)14:30〜18:30

   2018年7月22日(日)10:00〜16:10

会場:みやこメッセ(京都市左京区岡崎成勝寺町9−1)

講師:鯨津 吾一 先生(大阪府済生会茨木病院)

   :森川 明 先生(第一東和会病院) ほか

受講費:2日間 16,800円 (税込)

定員:100名

内容:特別な機器はなくとも眼・手・耳を最大限使った評価の方法を、実技を交えて徹底的に学びます。

1.呼吸器のフィジカルアセスメント

・呼吸不全を見逃すな!胸部の視診・触診の基礎

・胸部の聴診 ~まずは正常を知る 気管支呼吸音と肺胞呼吸音~

・理論ではなく実際の音で判断する異常呼吸音

・呼吸器合併症予防の体位変換と呼吸音の変化

・臨床で役立つ打診の仕方~胸水と気胸に着目して~

2.循環器のフィジカルアセスメント

・検査データがなくても行える視診・触診による脱水・心不全の評価

・脈の触診で行う離床のリスク管理~血圧と起立耐容能の予測~

・モニターがなくても触診でわかる心電図~リズムに着目したユニークな学習法~

3.消化器のフィジカルアセスメント

 ・視診→聴診→打診→触診が基本

 ・腸閉塞を見逃すな!腸蠕動音の聴診

 ・聴診における異常所見の位置から推測する消化器病変

4.運動器のフィジカルアセスメント

・この患者さんの機能レベルはどれくらい?寝たままできる動作能力予測

・重症患者特有の筋力低下ICU―AWを捉える  MRCスコアの取り方

・転倒を極力防ぐための予測テストとそのエビデンス

5.症例検討

 ・検査・データとあわせた離床可否の判断

申込み:ホームページよりオンラインで申込み

HP: https://www.rishou.org//
問合せ:一般社団法人 日本離床研究会事務局 TEL: 03-3556-5585

 

●一般社団法人 日本離床研究会主催 教育講座

最新エビデンスも基づく 整形外科領域の看護ケアとリハビリテーション

日時:2018年7月29日(日)10:00~16:10

場所:兵庫県中央労働センター(神戸市中央区下山手通6−3−28)

講師:中木 哲也 先生(たにぐち整形外科クリニック)

   :櫻木 聡 先生(名古屋医療センター)

受講費:12,800円 (税込)

内容:臨床での生の疑問にエビデンスで応える集中プログラム

1 まずはここを押さえよう 外傷性骨折

2 トラブルは起こさない!股・膝関節疾患

3 リスク管理が最重要 脊椎疾患

4 なかなか良くならない 肩関節疾患

5 これが知りたかった!臨床疑問集

申込み:ホームページよりオンラインで申込み
HP: https://www.rishou.org//
問合せ:一般社団法人 日本離床研究会事務局 TEL: 03-3556-5585

 

●一般社団法人 日本離床研究会主催 教育講座

脳卒中患者の疑問がスッキリ晴れる!

とっておきの検査・データ「マル秘」判読講座

日時:2018年8月25日(土)14:30〜18:30

   2018年8月26日(日)9:50〜16:10

会場:神戸市管工事会館(神戸市兵庫区下沢通3−4−25)

講師:黒田 智也 先生(日本離床研究会学術研究部)

:足立 拓也 先生(兵庫医科大学病院)

受講費:2日間19,800円 (税込)

内容:本講座では星の数ほどある検査項目や薬剤の中から、臨床でスグ使える項目に厳選し、ベテランに読み解きのコツを学びます。

1.脳画像(CT・MRI・MRA)

・たった5つの画像でわかる脳画像のキホン

・MRI・MRAを見ながら書いて理解する脳の機能解剖と血管走行

・CT・MRI画像からから判断する麻痺の位置と程度予測

2.血液データ

・脳卒中患者における血液データのみかた

・凝固系パラメータのチェックの仕方

・医師がやたら血糖値を気にするワケ

3.薬剤

・マンガでイメージする脳卒中治療薬とその効果

・語呂合わせで覚える系統別薬剤名

・t-PA静注療法後の離床の考え方 ほか

4.症例検討

・セミナーの最後に全てのデータを使って離床可否の判断をレクチャー

申込み:ホームページよりオンラインで申込み

HP: https://www.rishou.org//

問合せ:一般社団法人 日本離床研究会事務局 TEL: 03-3556-5585

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
一般社団法人 日本離床研究会事務局
〒102-0073
東京都千代田区九段北1-2-12 プラーレルビル2階
TEL: 03-3556-5585 (月-金10:00-17:00)
FAX: 03-6272-9683
Email Address: jsea@rishou.org
ホームページhttps://www.rishou.org/
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

2018年6月8日  12:21 AM |カテゴリー: 関係団体研修

Page Top